忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずはじめに

薬剤師の認知度って、世間的にみてかなり高いと思ってたんだよね。
私自身小学校の頃から薬剤師って職業は知ってたし。
周りの環境もあったのかなー。この前新しい服を買いに行ったときに驚いた。

店員さん「ではお会計こちらでおねがいしま~す」
鶫「はいはい」
店員さん「ところで、どこで働いてらっしゃるんですかぁ?」
鶫「いえいえ、こう見えてもまだ学生なんですよ。薬学部に通ってます」
店員さん「??やくがくぶ?」
鶫「えぇ。薬剤師を目指している人が通う大学なんですけど」
店員さん「???やくざいし?へぇーなんかかっこよさそうですねぇww」
(゚д゚ ; ) !?

実際何のコメントもできなかった……。

まぁよく考えてみれば、薬剤師ってあんまり病気にならない健康な人って、そんなにお目にかかる機会がないわけで。
私も周囲にたまたまいたってだけで、そうじゃなければ知らなかったかも。
医師や看護師と比べてまず接触する機会が極端に少ないし、薬だって処方するのは医師だし、病院に行ったらそこで貰えちゃうところもまだまだ多いからな。
ドラッグストアに行けば会えますけど、最近は登録販売業者なるものが登場し薬剤師の活躍の場は激減の一途をたどっております(´・ω・`)

じゃあ薬剤師って、実際何やってらっさるのかしら??

当然お薬の管理をされております。
主な業務は薬の発注、二重三重の意味で扱いの難しい薬の保存、処方箋を元に薬を調剤……とまぁここまでは予想できるかと。

ただ皆さん、薬剤師の皆さんが医師から手渡された処方箋をみて、棚から薬をとってきてるだけ……なぁんて思ってる方いるのでは。

でもね、彼ら本当はその処方箋を常に疑った眼で見ていらっしゃるのですよ。
一緒に飲んだらやばい事になる薬が組み合わされてないか、
患者さんの症状にきちんと合った処方が成されているのか、
この患者さんにこの大きさの薬を出して飲みにくくはないか、
つかこれ薬の名前間違ってね?などなど、

いろんな情報をたくさん集めて、なおかつ自分自身の目で患者さんの状態を探って、
患者さんに正しく薬を飲んで貰えるようにたくさん工夫をしてくださっているのです。

間違った処方、患者さんに飲ませては危険な薬があれば、薬剤師さんたちはすぐに病院に電話して医師を問いただします。その結果導き出されたBestなお薬が、私たちの手に渡ってくるのですね。ありがたやありがたや。

一方、最近頼みの医師が減少傾向にあるようで、政府はその役割の一部を薬剤師と国民に押しつけはじめたのであった…………


きっと明日に続く。学校行かねば。















拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

プロフィール

HN:
性別:
非公開
職業:
大学院生&ペーパー薬剤師
趣味:
最近はもっぱらゲーム
自己紹介:
薬学部に通うただのダメ人間。
分厚い小説は一日で読み切るくせに分厚い教科書は一年たっても読めない。
三度の飯より寝ることと遊ぶことが好き。

ブログ内検索

最新コメント

[12/05 ラジル]
[10/18 ラジル]
[10/14 鶫]

最新記事

フリーエリア

忍者アナライズ