忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かぜぐすりのゆーこーせいぶんpart3

三日に渡ってお届けしている風邪薬の有効成分もついに佳境となってまいりました(´∇`*o)
早く終わりにして便秘薬書キタヒ……

そういえば今回の実習、レポートが無い代わりに予習課題という三行程度の文章の穴埋めがあるんですけど、みんなネットで検索して穴埋めしてくるんですよねー。かくいう私もまたその一派。

そもそもネットで検索しないとわからない問題が多いんでそれは別にかまわないと思うんですけど、問題はサイトの信用度ですよねー。マクロゴール3000がマクロゴール300になってたり。

……マクロゴール300ってあるのかな??
まぁそこは知識が米粒しかないので知らんけども、明らかに間違えているサイトも数知れず。
このブログみたいにねwwwズーン……orz

自信持って内容かける人って凄いと思うわぁ。マジ尊敬するし。
私もいつまで薬学生とか曖昧な衣を纏っていい加減なこと書いてられるんだろう。
とりあえず薬剤師になったら終わりかぁ??

まぁそんな来るか来ないかの未来はいざ知らず、
今回も咳と痰を鎮める怪しい情報をお届けして参りまっす○(・ω・o)(o・ω・)o”

<鎮咳成分>
鎮咳でわかるよね?咳どめの成分です。
これは前書いたんですけど、麻薬性非麻薬性の二種類があります。

麻薬といっても病院などでは完全な麻薬の鎮咳薬が使われることもあるかもしれませんが、ドラッグストアに売ってる物の成分は全部家庭麻薬というもので、麻薬の成分がとても低く抑えられたものです。
そのため多少大量に飲んでも特に影響は無いんですけど、喉の痛みが治らないからと習慣的に飲んじゃってる人は依存性が出てくるかもしれないので要注意。

「別に喉は痛くないんだけど、なーんか飲まないと落ち着かなぁい」とか言う人は、ひょっとしたら依存性が出てしまってるのかもしれないので薬剤師さんに相談してみてください。そんなたいした依存じゃないはずなので、気づけばすぐにやめられると思います。

ドラッグストアに売られている薬に入ってる鎮咳成分で麻薬性のものはジヒドロコデインというもの。
これは延髄という脳に近い場所にある咳を制御している場所に作用して、咳を抑えてくれるというものです。

このジヒドロコデインというのは体内 でモルヒネに変換されるので、副作用としてはモルヒネと同じ物が出てきます。すなわち、便秘。便秘がちの人は非麻薬性の物を使うのが得策かもしれませんね。

またこの麻薬性の鎮咳成分は気管支喘息の発作を誘発する可能性があるので要注意。
またモルヒネは乳汁に移行しやすいので、授乳中の人は飲まないようにしてください


んで、次に非麻薬性の成分。
これにはデキストロメトルファン、チペピジン、ノスカピンがあります。
非麻薬性と言いつつも、作用の仕方は麻薬性の物と全く同じ。
でも麻薬じゃないので、薬物依存も鎮痛作用も呼吸抑制も起こしません。
モルヒネになることもないので、便秘になることもありません。

チペピジンは痰を除去する作用を持ってるので痰が酷い人にはこの成分が入ったお薬がお勧めです。

咳を抑える成分は上の二つが主なんですが、実はもう一つ作用が全然違う気管支を直接拡張させる作用を持った成分があって、それがdl-メチルエフェドリンというもの。
でもこの薬は甲状腺機能障害を起こしている人や、糖尿病の人、心臓病や高血圧の方が使うと症状が悪化するので注意してください。


<去痰成分>
去痰成分にはアンブロキソール、ブロムヘキシン、グアヤコールスルホン酸カリウムという物があります。

ここで特に書いておきたいのはアンブロキソール。これは痰をするっwwと出す物で、この成分が含まれている物は容赦なく第一類に分類されます。

それに対してブロムヘキシンは痰をサラサラにするだけなので、しつこく絡む人にはアンブロキソールが入った風邪薬が良いかもしれません。


とまぁ今日はここら辺で。
次薬書くときは便秘薬だと予告しときます。


そういえばそういえばーバチカン奇跡調査官読んじゃったー(●´ω`●)
いやぁ私ミステリーあんまり読まないんですけど、これはおもしろかったww
謎解きも薬知ってるせいか「あーなるなる」って感じでするする読めたし、結構内容も濃いめ。
ちょっとグロイかなーとも思ったけどネズミを何匹も仕留めてきた私に怖い物など無い!

それに平賀さんが素敵すぎるヽ(*´∀`)ノ
顔よし、性格良しの人は小説漫画に数いれど、天才スキルがついただけでこうも私のツボを刺激してくるあたり、私ってホント馬鹿なんだなぁ☆と自覚。人は無いものを相手に求めるって言いますもんね。

良いよねぇ天才の人って。私は未だにお目に掛かったことがないけれど、一度天才と呼ばれる方と話をしてみたいもんだ。
天才の定義ってのもいろいろあるだろうけど、私的天才は頭の回転がずば抜けて速いとか、あらゆる物事を包括的に眺めることが出来るとか、あと何よりも努力出来て自分が見据えた方向に突っ走っていける人でしょうか。記憶力とか知識量とかもありますけど、正直そこら辺は二の次。
突っ走ってる方向が科学系だとなお良し。


え?CBT?何それ?新しい組織?
(これだからダメなんだよ)














拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
性別:
非公開
職業:
大学院生&ペーパー薬剤師
趣味:
最近はもっぱらゲーム
自己紹介:
薬学部に通うただのダメ人間。
分厚い小説は一日で読み切るくせに分厚い教科書は一年たっても読めない。
三度の飯より寝ることと遊ぶことが好き。

ブログ内検索

最新コメント

[12/05 ラジル]
[10/18 ラジル]
[10/14 鶫]

最新記事

フリーエリア

忍者アナライズ